■本当に火が付いた! 火おこし道具を作るイベントが12日、神埼市郡の吉野ケ里歴史公園で始まった。東京や福岡などの親子12組17人が木材の摩擦での着火の大変さを体験し、古代の暮らしに思いをはせた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加