玄海原発の重大事故を想定した24日の原子力防災訓練は、被ばくの有無を調べる車両のスクリーニングを初めて実施し、福祉施設と医療機関は昨夏作った個別の避難計画で初めて臨んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加