登山愛好者の間で一大ブームとなっている「日本百名山」登山。佐賀新聞文化センターで実施中の「日本百名山登山シリーズ」第4弾は、西日本最高峰の石鎚山(1982メートル)と2番目に高い剣山(1955メートル)2座に登ります。11月上旬は、紅葉真っ盛りのベストシーズン。1日目は佐賀から豊後水道をフェリーで渡り四国へ上陸し、湯之谷温泉に宿泊。2日目は石鎚ロープウエーを利用して石鎚山に登頂し、剣山山麓の宿に宿泊。3日目は剣山登頂後、温泉で汗を流し、佐賀に帰る2泊3日のツアーです。登山ガイドが同行しますので、初心者の方も安心して参加できます。

実施日 11月3日(木・祝)~5日(土)

参加条件 中学生以上の健康な男女で、完歩できる自信のある人

講師 岩田達也さんほか(SAGAアウトドアガイドクラブ)

行程 (予定)(1日目)佐賀新聞社前出発-(長崎道・大分道)-(九四フェリー)-(松山道)-湯之谷温泉(泊)

(2日目)旅館-下谷-(石鎚山ロープウエー)-石鎚山-(石鎚山ロープウエー)-下谷-(徳島道)-ラフォーレつるぎ山(泊) 歩行約6時間

(3日目)旅館-見ノ越-剣山山頂-(剣山リフト)-見ノ越-(昼食・入浴)-(徳島道・松山道)-(九四フェリー)-(大分道・長崎道)-佐賀新聞社 歩行約3時間

旅行代金 6万2000円(バス代、宿泊代=2泊各2食付、弁当代=2回、入浴料=3日目、保険料込み)

締め切り 10月14日(金)

旅行主催 日本旅行九州法人支店、電話092(451)0606

申し込み・問い合わせ 佐賀新聞文化センター、電話0952(25)2160

このエントリーをはてなブックマークに追加