県内在来の綿花を使い、伝統的な糸紡ぎや手織りを体験する小学生向けの講座が9、10の両日、佐賀市の県立博物館で開かれた。約70人が参加し、綿繰り機など昔ながらの器具を使って作業した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加