佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、佐賀県の山口祥義知事は受け入れるかどうかの判断時期について「そう遠くはない」との考えを明らかにした。佐賀新聞のインタビューに答えた。山口知事はこれまで「スケジュール感を持ち合わせていない」としつつ、県議会などで「いたずらに引き延ばす考えはない。適切な時期に判断する」と述べていた。

 山口知事は、諾否判断の前提として防衛省に計画の全体像、将来像を明確にするよう求めており、現在も県と九州防衛局の間で質問と回答のやり取りが続いている。その間、九州防衛局は空港が立地する佐賀市川副町では4校区別に住民説明会を開いた。知事は稲田朋美防衛相に電話で直接、米軍オスプレイによるデモフライト実施を要請した。

 こうした状況を踏まえ、山口知事は「だいぶ実感としては進んできている」とした上で、「(受け入れるかどうか)どちらかは分からないが、判断の時期はそんなに遠くないだろう」との見通しを示した。判断の公表方法に関しても「どうしてそう考えたのか、そこに至った理由を(県民に)伝えたい。文書などで(判断のプロセスも)説明したい」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加