300年の伝統を誇るみやき町の天吹酒造(木下壮太郎社長)で24日、恒例の蔵開きが始まった。県内外から訪れた愛飲家が仕込みの現場を見学し、花酵母を使った日本酒のふくよかな香りを楽しんでいる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加