■満州事変 満州(中国東北部)に駐屯していた日本の関東軍が奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で南満州鉄道の線路を爆破、これを中国側の仕業として軍事行動を開始し、満州全土を占領した。翌年には満州国が建国される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加