1945(昭和20)年8月9日午前11時2分、米軍の大型爆撃機B29「ボックス・カー」が長崎市上空でプルトニウム型原子爆弾を投下。市内の36%に当たる約1万8千戸の家屋が焼失した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加