太平洋戦争末期、本土近辺でさえ、制空権・制海権を完全に失った1945(昭和20)年7月末以降はB29の爆撃に加え、艦載機などが佐賀県内にも飛来し、被害が急増した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加