■つくられた国民の「記憶」 70年前、日本の敗戦が国民に伝えられた8月15日。戦後日本にとって、この日はどんな意味を持ってきたのか。紙面監修に当たった鬼嶋淳・佐賀大学准教授(日本近現代史)に聞いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加