唐津市相知町の松浦川沿いに再生された人工の湿地「アザメの瀬」で、夏休みの子どもたちを対象にした自然環境教室が開かれた=写真。親子36人が参加し、水の中の生き物を探しながら湿地の生態系を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加