子どもの頃、親からは何かにつけて「本を読め」と言われた。そういう親は、どうだったか。高度経済成長期の昭和40年代である。朝から晩まで仕事に追われ、ゆっくり本を開いている姿など見た記憶がない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加