ごみを拾う佐賀新聞販売店会青年部「若登会」と唐津商工会議所青年部のメンバーたち=唐津市役所前

 佐賀新聞販売店会青年部「若登(わかと)会」(桃崎淳博会長)と唐津商工会議所青年部(松本暁典会長)が2日、唐津市中心部でごみ拾いのボランティアに取り組んだ。

 若登会はこの1年、地域貢献の一環として奉仕活動を掲げている。初回は唐津商工会議所青年部が「唐津くんちの前に町をきれいに」と近年実施している清掃活動と連携。2団体の計約30人が二手に分かれ、曳山(ひきやま)が通る道を中心に1時間半かけて、空き缶やたばこの吸い殻などを拾った。

 若登会で奉仕活動のリーダーを務める嘉瀬販売店(佐賀市)の永渕昌輝(まさあき)さん(39)は「既存のボランティアと手を組むなどして、今後は月1回のペースで活動できれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加