95歳、遺影の女性は穏やかな笑顔を浮かべていた。唐津のまちづくり活動で知り合い、時折、酒席の誘いをいただく元銀行マンのご母堂の葬儀に参列した。 戦争で父親を亡くし、母一人子一人とは聞いていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加