68回目を迎える東西松浦駅伝の号砲が1日に迫った。出場するチームを26日から紙面で紹介しているが、練習現場に足を運ぶと、例年とは異なる選手起用に心を砕く監督の姿があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加