だます側とだまされる側。その人情を描いたのは歌舞伎の人気演目『勧進帳(かんじんちょう)』だろう。源頼朝(みなもとのよりとも)の追っ手から逃れるために源義経(みなもとのよしつね)と弁慶(べんけい)は山伏(やまぶし)の姿で逃げ続けた。弁慶が関所の尋問で、白紙の巻物を焼失した寺の再建協力を求める勧進帳であるかのように読み上げるシーンは圧巻だ◆こちらも元々は白紙だったが、後で金額を書き込んだようだ。富山市議会を発端にした白紙領収書問題は、ついに内閣に飛び火した。富山市議たちは責任を認め、相次ぎ辞職しているが、官房長官と防衛大臣は「政治資金パーティーの主催者の了解を得て記入した」と開き直っている◆民間ではそのような理屈は通用しない。領収書の信頼性がなくなり、脱税がまかり通るようになるからだ。違う数字を書き込むなら詐欺や私文書偽造の罪になる話でもある。しかし、政治資金規正法は“ざる法”のようで、総務大臣は「領収書作成で法の規定はない」と問題なしとの認識を示している◆勧進帳では関所で正体がばれそうになり、弁慶が主君義経を金剛杖(こんごうづえ)で何度もたたいて嘘(うそ)を通した。関所の役人もその姿に胸を打たれ、だまされたふりをして見逃した。白紙領収書問題でも総務大臣は閣僚2人に「本当はいけない」と国会で指摘し、正論を示すべきではなかったか◆身内に甘い法の運用では国民がしらけてしまう。(日)

このエントリーをはてなブックマークに追加