■峰松さん指導で制作 鹿島市の七浦小学校で27日、6年生28人が銅板レリーフで自分の顔を作る卒業制作に挑んだ。同市浜町で建築板金業を営む峰松昭次郎さん(74)に教わり、銅板に描いた顔を立体的に仕上げ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加