「小川島鯨骨切り唄子供保存会」は36年前に発足した。現在は小川小の3年生から6年生までの15人と大人7人で構成し、毎月1回練習に励んでいる。小川島は江戸時代から昭和30年代前半まで捕鯨で栄えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加