十数年前の武雄支社勤務時代、窯元は主要な取材先の一つだった。清らかな肌合いの石物、素朴な味わいの土物まで多彩で、フォルムや表面の発色など、作り手の意匠を凝らした器に魅入られることもしばしばだった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加