障害者と家族、特別支援学校の元教諭らでつくる「障害者(児)の生活と権利を守る県連絡協議会」(興梠多津子会長)は20日、特別支援教育や障害者福祉の充実を求める要望書を佐賀県に提出した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加