■新作に挑み、技術に磨き 「二重透かし彫りスカイツリー」 辻田輝幸(第十五代中里茂右エ門)さん(71)は、平戸三河内焼に伝わる「二重透かし彫り」を伝承する陶芸家です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加