武雄市長選で小松政(ただし)氏(38)が初当選し、新しい市政がスタートした。小松氏は選挙戦で前市長の改革路線の継承を掲げ、自らも子育て世代であることから子育て施策の充実も訴え、接戦を制した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加