4区間で争った1時間37分のスピードレース。両手を広げて歓喜のゴールに駆け込んだのは、重圧をはね返した「本命」だった。鏡体協は三つの区間賞を奪って3年ぶりに王座奪還。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加