焼けた炭の上をはだしで歩く「火渡り」が1月25日、白石町の稲佐山玉泉坊であった。「柴燈護摩(さいとうごま)大法要」の行事で、県内外から大勢が参拝。健康や受験合格などそれぞれの願いを胸に挑んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加