神埼市千代田町姉地区で1日、約350年続くとされる伝統行事「姉の七福神」が開かれた。えびすや大黒天などに扮(ふん)した地区の男性が集落内の約50戸を回り、家内安全や五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加