安倍政権が16日投開票の新潟県知事選に焦りの色をにじませ始めた。県内にある東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題が争点の一つになっており、与党系候補が敗れれば国の原発政策にも影響しかねないためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加