イラク戦争時の戦死通告官を主人公にしたアメリカ映画「メッセンジャー」(2009年)という作品がある。戦死という“凶報”を軍関係者が遺族に伝える、銃後を舞台にした一種の「戦争映画」だ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加