九州・沖縄の介護支援専門員の研究大会が1月31日、佐賀市で開かれた。急速な高齢化の進行で地域の特性を生かした支援が求められる中、国の担当者の講演や研究発表などを通し、介護と医療の連携について考えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加