第24回Jリーグユース選手権大会が8日開幕。サガン鳥栖U-18は10日に徳島県の徳島スポーツビレッジで徳島ヴォルティスユースと対戦し、3-3(PK3-2)で勝った。

 鳥栖は前半5分にFW田川亨介の得点で先制。その後2点を奪われたが、終了間際にMF兵働透生のゴールで追い付いた。延長も先手を取られたが、延長後半ロスタイムに田川のこの日2点目で同点とすると、PK戦ではGK安田惟太郎が2度の好セーブを見せて競り勝った。

 鳥栖は23日の2回戦で浦和レッズユースと対戦する。

▽1回戦

鳥栖 3―3 徳島

(PK3-2)

浦和 3―0 秋田

横浜C 4―1 山口

磐田 9―0 盛岡

水戸 2―0 東京V

千葉 2―1 栃木

福岡 4―0 YS横浜

山形 2―1 金沢

G大阪 6―0 岐阜

このエントリーをはてなブックマークに追加