国営諫早湾干拓事業(長崎県)で国に制裁金の支払いを命じた二つの間接強制を、最高裁がいずれも「正当」とした決定を受けて、開門派の弁護団は3日、農水省に今後の対応をただした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加