■子どものためになったか 「とうとう止まってしもうた」。母校の外壁にかかった丸時計を見上げて、多久市西多久町の荻野浩樹さん(43)は独りごちた。多久西部小が廃校になって間もなく2年。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加