NHKは29日21時から、来年1月20日から佐賀県立美術館で初の大規模な個展を開く池田学さんに密着したドキュメンタリー番組をBS1で全国放送する。新番組「明日世界が終わるとしても」の初回で、「ペン1本 まだ見ぬ頂へ」と題して佐賀出身の池田さんを特集する。NHKのクルーがアメリカ・チェゼン美術館の池田さんのアトリエを訪問。約1カ月にわたり制作現場に密着し、東日本大震災をきっかけとした3年がかりの渾身(こんしん)の新作《誕生》もベールを脱ぐ。

 作品は、来年1月20日~3月20日、佐賀市城内の県立美術館で開かれる「池田学展 The Pen ―凝縮の宇宙―」で日本初公開。わずか1ミリに満たないカラーペンの線から、緻密な絵肌で壮大な世界を描き出し、国際的に高い評価を受ける池田さんの大規模な個展をふるさとで開く。初期の作品からアメリカで制作中の巨大な新作(12平方メートル)まで約120点。1月28日と2月12日は14時から、作家自身が会場を案内するアーティスト・トークを開催。1月21日13時半からはアメリカ・チェゼン美術館長のラッセル・パンチェンコ氏の講演会も。

 大学生以上1200円、前売り・団体・各種割引1000円、高校生以下無料。問い合わせは実行委員会事務局(県文化課内)、電話0952(25)7236。

このエントリーをはてなブックマークに追加