西アフリカで流行しているエボラ出血熱の感染者が佐賀県内で見つかった場合に備え、県医療センター好生館は4日、エボラ患者を診察した経験のある専門医を講師に招き、「1類感染症ワークショップ」を開いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加