武雄市の西川登小(小野正貴校長)の3年生22人が3日、車いす介助など福祉の体験学習をした。体に重りなどをつけての高齢者疑似体験も行い、弱者に寄り添う心と技術を学んだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加