佐賀県教育委員会は25日、スマートフォンのカメラで女性の脚の盗撮を繰り返していたとして、県立高校の男性教諭(23)を懲戒免職処分にした。今年4月に新規採用されて以降、少なくとも10回以上、盗撮したと話しているといい、授業中にも女子生徒を盗撮していた。

 県教委によると、教諭は7月28日の勤務終了後、佐賀市の商業施設で、ショートパンツ姿の中高校生くらいの女性のそばで太ももの動画や写真を盗撮した。レジでシャッター音に気づいた女性と同伴の男性から携帯電話の提示を求められたが、データを消去した画面を見せ立ち去ったという。

 店員が教諭の車のナンバーを控えており、佐賀署から同日夜、出頭を求められ盗撮行為を認めたという。同署は8月24日、県迷惑防止条例違反(ひわいな言動)の疑いで佐賀地検に書類送致した。

 県教委は7月30日から、自宅待機とした教諭に4回にわたり聞き取りをした。その結果、6月の授業中、教室の椅子に座っている女子生徒の脚を1回盗撮していた。商業施設やスポーツ施設、道路などでも盗撮を繰り返していた。

 動画や写真の点数は不明で、別の人物に送信したりウェブ上に投稿したりはしてないと話している。教諭は「高校生のころ軽い気持ちで始めた盗撮が癖になり、常習化していた。何回もやめなくてはいけないと思いながらも、抑えきれなかった」と話したという。

 県教委は25日付で所属校の校長を文書訓告とし、県立学校長と各市町教委の教育長に綱紀粛正を通知した。会見した熊崎知行副教育長は「安心安全な場であるはずの学校内でも盗撮し、大変遺憾」と謝罪した。古谷宏県教育長は「何回も盗撮を行い、所属する学校の生徒もその対象に含まれていたことは、県民の信頼を著しく損なうもの。職員の服務規律を徹底し、信頼回復に取り組む」というコメントを出した。

このエントリーをはてなブックマークに追加