家庭学習を考える研究集会が22日、吉野ケ里町中央公民館で開かれた。佐賀大学文化教育学部の篠原一彦准教授をコーディネーターに教諭や保護者、中学生ら8人が登壇。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加