■鉢や皿14点 透かし彫りつややか 100年以上前に武雄市で焼かれ、技の難しさから廃れてしまった“幻の器”が25日、ふるさとに里帰りした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加