■帰る場所の大切さ実感 8月6日の会合でのこと。お盆期間中、大勢の島民の親族が島に来ることを知った僕は、先月のイベントで好評だった石割豆腐の生ジャムと生ようかんを島の商店で販売しようと提案した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加