唐津市発注の公共工事をめぐる不正入札事件で、加重収賄罪で起訴された同市の前企画財政部長佐伯善春被告(59)について、佐賀地裁は6日、保釈を認める決定をし、保釈された。保釈保証金は計500万円。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加