■「まず安否確認、役場行かぬ」 玄海原発から5~30キロ圏(UPZ)で、東松浦郡玄海町の役場周辺にあたる諸浦地区の住民は、震度6弱の地震と原子力の複合災害を想定し訓練した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加