九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)に関する国の審査が大詰めを迎え、再稼働前最後の可能性もある10日の佐賀県原子力防災訓練。熊本地震を教訓に初めて地震と原発重大事故の複合災害を想定し、計画とは別ルートを通る広域避難や安定ヨウ素剤の配布などを実施したが、参加した住民からは情報や説明不足を指摘する声が相次いだ。複合災害の訓練では、想定の難しさや多くの課題が浮き彫りとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加