同時多発テロを想定した図上訓練が6日、佐賀県庁で開かれた。県や西松浦郡有田町など4市町、内閣官房、九州電力、自衛隊など関係18機関の150人が参加し、警報発令や避難、救援指示の手順を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加