■幕末の副代官日記読解 鳥栖郷土研究会の分科会は、古文書研究のため4人でスタートし、今は12人で幕末の副代官の日記を読み解いている。 江戸時代、鳥栖市と基山町は対馬藩・宗家(そうけ)の領地であった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加