■九州初、6月に施行 佐賀県東部工業用水道局は、給水先から暴力団関係者を排除できるよう条例を改正する。暴力団関係者と認めた場合、使用申請を拒否できる。同様の条例は全国で3自治体目、九州では初めて。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加