武雄市西川登町の西川登小(小野正貴校長)で7日、卒業を控えた6年生19人が、自作の茶碗をつかってお茶をたて、保護者を「感謝の一服」でもてなした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加