17世紀初頭、日本で初めて白い磁器の焼成に成功した陶祖李参平(日本名・金ケ江三兵衛(かながえさんべえ))の血筋を引く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加