宅配や訪問などの企業活動の中で高齢者の安否確認を行ってもらおうと、多久市は28日、セブンイレブン・ジャパンと第一生命と「地域の見守り活動」の協定書を交わした。同市と同協定を締結した企業は4社となる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加