2016年に佐賀市で開かれる熱気球世界選手権に向け、バルーンのバスケットを市民の手で作る活動が29日、始まった。国際大会で使われたバスケットを再生させ、本番でのフライトを目指す。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加