佐賀県は10日、中国や韓国産の生鮮アサリの原産地を「熊本産」と偽装して出荷したとして、唐津市浜玉町の水産卸会社「肥前活魚水産」(嘉村定信代表)に対し、日本農林規格(JAS)法に基づき、改善を指示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加