■唐津市の浦丸護さん 太平洋で祈り「やっと気持ち晴れた」 太平洋戦争で戦死した実兄の戦没地を探していた唐津市高砂町の浦丸護さん(81)が、パプアニューギニアで兄との“対面”を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加